海洋深層水

私達の体に欠かせない水。健康のため、最近では、様々なミネラルウォーター、イオン水、サンゴ水など、
さまざまな水が注目されています。このサイトでは、特に海洋深層水についてご説明しています。
あなたの健康のためにお役立てください。

スポンサードリンク

ヘルシーでおいしい水条件とは?

を飲むことは、健康によいということですが、どんなを飲めばいいのでしょうか。健康でおいしいであることは言うまでもありません。それにかなう条件を挙げておきましょう。
glass3.jpg


  1. 有害物質で汚染されていない
  2. 細菌がいない

  3. 大腸菌が検出されないことが重要です。

  4. ミネラルがほどよく溶けている

  5. 硬度も重要です。硬度は1リットル中のカルシウムとマグネシウムの合計量(ミリグラム)を基にしています。おいしくて健康によいは、硬度10〜100とされていて、硬度50が特においしく感じます。マグネシウムが多いと苦味を感じます。

  6. 酸素と炭酸ガスがほどよく溶けている

  7. 一度沸騰させてから冷やしたは、飲んでもおいしく感じられません。酸素が追い出されてしまったからです。

    また、おいしいを飲んだとき、かすかな清涼感を得ることがあります。その清涼感はに溶けている炭酸ガスの働きによるものです。清涼飲料水は、まさにその炭酸ガスがほどよく溶けているからこそ清涼飲料水なのです。

    ちなみに、おいしさを感じるというのは、1リットル中に酸素が5mg以上、炭酸ガスが20mg前後含まれているものとされています。

  8. 水温が8〜12度の

  9. このくらいの水温が、を一番おいしく感じさせます。

  10. 中性または中性に近い

  11. pH7が中性で、これより大きな値がアルカリ性、小さい値が酸性です。日本の水質基準では、飲料水のpH値を5.8以上8.6以下と定めています。