海洋深層水

私達の体に欠かせない水。健康のため、最近では、様々なミネラルウォーター、イオン水、サンゴ水など、
さまざまな水が注目されています。このサイトでは、特に海洋深層水についてご説明しています。
あなたの健康のためにお役立てください。

スポンサードリンク

1日にどれだけの水が必要か?

人間は1日にどれだけの水が必要なのでしょうか?

人間は水を断つと1週間で死ぬといわれています。

人間の身体の約3分の2近くは水で、成人男性は体重の60〜65%、成人女性は脂肪が多いので50〜60%弱の水分を体内に持っています。ちなみに生まれたばかりの赤ん坊は、体重の約80%が水分です。

人体各部の水分含有率は、


  • 骨  20%前後

  • shizuku2.jpg
  • 筋肉 約75%

  • 血液 83%

  • 神経 83%

  • 脳 75%

  • 肺 80%

  • 心臓 80%

  • 肝臓 68%

  • 腎臓 83%

  • 唾液 99%

  • 胃液 90%


となっています。

まさに人間の身体は「水を入れた容器」で、水浸し状態になっています。人体の水分は細胞内液と、血液やリンパ液、組織間液である細胞外液に分かれます。

その人間の身体の3分の2を占める水分は毎日、最低でも体重の2%が失われていくといわれています。体重が60kgの人であれば、1.2kg(1.2リットル)の体内水分を失うことになります。

私たちは水なしでは生きていけません。体重の2%の水分が欠乏すると、喉の渇きを覚えます。8%失うとめまいを感じ、思考力が鈍くなってきます。15〜20%の水分喪失(体重60kgの人だと、9〜12リットルに相当)で、人間は生理機能が停止し、死に至ります。つまり理論上、水を断つと7〜10日で死ぬことになります。

逆に、人間は食べ物がなくても、水と睡眠さえ充分に摂っていれば、最大でほぼ40日間は生きることができるといわれています。